ぱそとら(パソコン我流修理)

 
     
パソコン修理

快適に動作していたパソコンが、動作不安定になった時、お試しを!難しい話ではなく比較的、誰にでもできる方法を掲載したつもりです。

我流修理についても掲載しています。

多分上級者には、参考になりません。

間違い、疑問がありましたらお知らせ下さい。

パソコン修理
  注意:あくまでも個人の責任で、お願いします。 スマホ対応ページ
PsaotoraTopFRDS7703Back

FRDS7703ハードディスク交換

 

FRONTIER製パソコンFRDS7703も気がつけば購入してから3年(平成21年の話)が経ち、転ばぬ先の何とかで、OSを含めデータコピーしてハードディスクを交換することにしました。

今回はフリーソフトを使って簡単に交換することが出来たので、次回への記録として掲載することにしました。

データの引越し

FRDS7703

このパソコンにはマザーボードに、使用していない空SATAポートがありますがSATAケーブルの付属はありません。また、電源コネクターの空もありませんでした。

既設のハードディスクからデータを引越しするには、
@SATAケーブルと、電源分岐ケーブルを用意する。
AUSBで、外部接続する。
Bその他???が必要。

今回は友人に借りたUSBに接続する変換装置を使用しました。

OSを含むデータコピーはフリーソフト「Easeus Disk Copy」を使用しました。

 

ハードディスクの交換

FRDS7703

説明書に従い、後ろのネジ3本をプラスドライバーで外すと、左写真のようになります。説明書には、ここまでしか記載がありません。

赤矢印の爪を手前に外し、前面カバーを完全に分離します。

今回は、ハードディスクですが他のドライブを交換するにもこの前面カバーを外さないと交換できません。

   
FRDS7703

こんな感じで分離できます。

   
FRDS7703

左写真、赤枠がハードディスクです。

とりあえず、既設のハードディスクを外します。

   

左写真、赤矢印にプラスドライバーを差込ネジを外します。このネジはハードディスクをケースに直接固定しています。

このネジを外せばハードディスクは金具にはめられているだけですので、ごそごそと動かせば簡単にケースから外れます。

SATSコネクターと電源コネクターを抜けばOKです。

   
FRDS7703

外したハードディスクの裏側です。

赤矢印3本のネジが付いています。

このネジの頭が、金具にはまって固定されています。

青矢印のネジ穴に先ほど外したネジが、止まっていたことになります。

新しいハードディスクに赤矢印ネジ3本を同じ位置に固定します。

   
FRDS7703

後は、逆の手順で元に戻せばハード的には完了です。

   

パーティション変更

 新旧同じサイズのハードディスクでは必要ありません。普通・・・旧より容量が大きいハードディスクと交換するとおもいますが・・・未使用領域が発生しますのでパーティションに組み込む必要があります。

OSがwindows2000以降なら「EASEUS Partition Manager」が簡単です。違うOSなら 「GPartedLiveCD」で組み込みます。

追記:最新版は「EaseUS Partition Master」です。

   

FRDS7703メモ

マザーボードの電池・・・CR-2032

BIOS画面表示・・・パソコンの電源を入れた直後に「Del」キーを押す

   
 
 
関連情報との区切線
PsaotoraTopFRDS7703Back