AndroidカーナビATOTO A6システム更新

レガシィB4(TA-BE5)にAndroidカーナビATOTO A6を搭載して半年が過ぎました。

ATOTO A6は、通常ではワイヤレスアップデートでシステム更新が行なえますが、大きなシステム更新が有るとワイヤレスアップデートでは出来ない事が判りました。

Amazonのレビューを読んでいると、その旨のレビューを掲載されている方がおられ情報を入手しました。

その方以外のレビューを読んでいくと、カスタマが返信している内容にダウンロード先、アップデートのやり方があったので実際にやってみました。

私自身の覚書として掲載します。

ファイルの入手など

私の使用しているモデルは、A6Y2721PB 2G+32です。

AICE OS 9.4.3へのアップデートです。

モデルの違いで下記のアップデートファイルと異なるかも知れません。購入者であればカスタマに連絡すれば教えてくれる様です。

Amazonのレビュー情報からAICE OS 9.4.3は下記のとおりです。

アップデートファイルアップデートガイド

アップデート方法

上記で入手したupdate.zipファイルを解凍しないでマイクロSDカードかUSBメモリカードにコピーします。

マイクロSDカードかUSBメモリカードは、FAT32フォーマットのものを使います。(通常は、FAT32フォーマットです。)

カードに置くファイルは、update.zipファイルだけにした方が良さそうです。

このシステム更新には、約30分を要しました。外部電源接続でのアップデートをお薦めします。

ATOTO A6を動作させ全てのアプリを念の為、終了します。

update.zipファイルを収めたカードを接続すると自動でアップデート作業が開始されます。(完全に完了するまでカードは抜かないように注意書きがありました。)

ATOTO A6システム更新

この画面が表示されたら赤矢印にチェックを入れ「UPDATE」ボタンをタップします。

ATOTO A6システム更新

ファームウエアのコピーが始まりました。

以降画像がありませんが、見ているだけです。

ファームウエアをアップデートしている表示、システムアップデートをインストールしている表示などがあり再起動されました。

アプリを最適化している表示がありました。約20分ほどかかりこれが一番時間を要しました。

ATOTO A6システム更新

再起動が終わると再度、最初と同じ画面が表示されます。

これは、「CANCEL」をタップします。

ATOTO A6システム更新

念の為、正しく更新された確認します。

「設定」を開き、下の方にスクロール、「端末情報」を開きビルド番号を確認します。

これでカードは抜ける状況になりました。念の為、アンマウントして外しました。

参考

この方法で、システムアップデートするとホーム画面が初期状態になりました。

インストールしていたアプリは残っていました。FMのチャンネル設定もそのままでした。

ホーム画面を再度、好みの配置に変更する作業が必要でした。

ATOTO ワイドFM

このアップデートでワイドFMが聞ける様になりましたが、スキャンでは、この周波数帯域をスキャンしません。

赤枠ペンシルアイコンをタップして周波数を直接入力し、CHにメモる方法でしか対応できませんでした。

ATOTO A6バックカメラ用ライン

バックカメラにガイド線を表示出来るようになっていました。

「設定」-「デフォルト設定」の中にあります。


ATOTO A6の動作試験、初期設定、搭載の話・・・AndroidカーナビATOTO A6搭載

少しカスタマイズした話・・・AndroidカーナビATOTO A6カスタマイズ


ご注意:本掲載内容のご利用は、あくまでも個人の責任で、お願いします。

ページTOPへ