ぱそとら(パソコン我流修理)

 
     
パソコン修理

快適に動作していたパソコンが、動作不安定になった時、お試しを!難しい話ではなく比較的、誰にでもできる方法を掲載したつもりです。

我流修理についても掲載しています。

多分上級者には、参考になりません。

間違い、疑問がありましたらお知らせ下さい。

パソコン修理
  注意:あくまでも個人の責任で、お願いします。  
PsaotoraTopPc-RemoveBack

ハードディスク交換(Windows98,98seデータの引越し)

 

こんな時

私の場合・・・状況 突然パソコンがフリーズする。

HDにアクセスしている音がし動くこともある。

ダメな時は、電源リセットしかできない。

電源リセット後は、スキャンディスク〜クラスタスキャンをする。

数回繰り返すと、不良クラスタが生じた。

今回は、辛うじて完全に動作しなくなる前の、データ救出方法を書きました。

 

準 備

必要なデータを、バックアップする。別途ハードディスク(HD)を用意する。

用意したHDは、起動ディスクを使ってFDISKとFORMATをする。(下記説明では、ドライブを2分割しています)

 

実際のやり方

FDISK方法
  • Windowsを終了し電源を切る。
  • HDの接続を、用意したHDに接続し直す。
    用意したHDのジャンパーは、マスターにする。
  • Windows98起動ディスク1をFDに挿入して電源を入れる。しばらくすると、Keyボードの種類を聞いてくるので「半角/全角漢字」Keyを 押す。
  • フロッピー交換の表示がでるので、Windows98起動ディスク2と交換し、スペース Keyを押す。
  • [A:\>]と表示したなら、フロッピーをWindows98起動ディスク1に戻す。
  • [A:\>fdisk /mbr]とKey入力し「Enter」を押す。
  • [A:\>fdisk]とKey入力し「Enter」を押す。FDISKが立ち上がります。
  • 大容量ディスクのサポートを聞いてくるので「Y」Keyを押す。
  • 作業の選択画面が表示されるので、「1」Keyを押す。
  • 領域作成の選択画面が表示されるので、「1」Keyを押す。
  • 最大サイズを割り当てるか聞いてくるので「N」Keyを押す。
  • サイズを聞いてくるので、5000〜8000程度をKey入力する。
  • 結果が表示されるので、 「Esc」Keyを押し、最初のオプション画面に戻る。
  • 同様に、残りの領域を拡張領域にするため、「1」Keyを押す。
  • 領域作成の選択画面が表示されるので、「2」Keyを押す。
  • 最大サイズを割り当ててサイズが表示されるので、「Enter」Keyを押す。
  • 結果が表示されるので、「Esc」Keyを押すと論理ドライブ作成を促す 表示がでるので「Enter」Keyを押す。
    「Esc」Keyを押し、最初のオプション画面に戻る。
  • FDISKを終了するため「Esc」Keyを押す。
    [A:\>]と表示したなら、フロッピーを抜き電源を切る。
FORMAT方法
  • Windows98起動ディスク1をFDに挿入して電源を入れる。
    しばらくすると、Keyボードの種類を聞いてくるので「半角/全角漢字」Keyを 押す。
  • フロッピー交換の表示がでるので、Windows98起動ディスク2と交換し、スペース Keyを押す。
  • [A:\>]と表示したなら、[A:\>format c:]とKey入力し「Enter」を押す。
    FORMATの確認画面が表示されるので「Y」とKey入力すると始まる。
  • ボリュームラベルの入力の要求があるので、特に必要なければ「Esc」Keyを押す。
  • 同様にDドライブもフォーマットする。
    [A:\>]と表示したなら、[A:\>format d:]とKey入力し「Enter」を押す。
    FORMATの確認画面が表示されるので「Y」とKey入力すると始まる。
    ボリュームラベルの入力の要求があるので、特に必要なければ「Esc」Keyを押す。
  • [A:\>]と表示したなら、フロッピーを抜き電源を切る。
データの引越方法
  • 外しておいたHDの接続を元に戻す。
  • 用意したHDのジャンパーを、スーレブにし接続する。
  • 電源を立ち上げる。
    マイコンピュータで、HDのドライブを確認する。
    通常 旧HDは、CがC、DがEになる。
    新HDは、D、Fの筈。
  • エクスプローラでEドライブのデータをFドライブにコピーする。
  • Eドライブの引っ越しが終わったら、「スタート」「プログラム」 「MS-DOSプロント」を起動する。
    [C:\WINDOWS>]と表示したなら、 [C:\WINDOWS>xcopy c:\ d:\ /c /e /h /r /s]とKey入力し「Enter」を押す。
    注意:CRTが電源セーブになった時は、マウスで戻すこと。
    エラーメッセージは、無視する。
  • 完了したなら「MS-DOSプロント」を閉じWindowsを終了し電源を切る。
  • アクティブにする HDの接続を用意した新HDに変える。 用意した新HDのジャンパーを、マスターにする。
  • Windows98起動ディスク1をFDに挿入して電源を入れる。
    しばらくすると、Keyボードの種類を聞いてくるので「半角/全角漢字」Keyを 押す。
    フロッピー交換の表示がでるので、Windows98起動ディスク2と交換し、スペース Keyを押す。
    [A:\>]と表示したなら、フロッピーをWindows98起動ディスク1に戻す。
  • [A:\>fdisk]とKey入力し「Enter」を押す。FDISKが立ち上がる。
    大容量ディスクのサポートを聞いてくるので「Y」Keyを押す。
    作業の選択画面が表示されるので、「2」Keyを押す。
    アクティブ領域を聞いてくるので、「1」Keyを押す。
    結果が表示されるので、 「Esc」Keyを押し、最初のオプション画面に戻る。
  • FDISKを終了するため「Esc」Keyを押す。
    [A:\>]と表示したなら、フロッピーを抜き電源を切る。
    完了です! 電源を入れれば、今までとおり使える筈・・・
 
 
 
関連情報との区切線
PsaotoraTopPc-RemoveBack