ぱそとら(パソコン我流修理)

 
     
パソコン修理

快適に動作していたパソコンが、動作不安定になった時、お試しを!難しい話ではなく比較的、誰にでもできる方法を掲載したつもりです。

我流修理についても掲載しています。

多分上級者には、参考になりません。

間違い、疑問がありましたらお知らせ下さい。

パソコン修理
  注意:あくまでも個人の責任で、お願いします。  
PsaotoraTopPc-fuanteiBack

パソコン動作不安定(OSは、Windows98,98se)

こんな時

動作がノロノロ

文字を打ち込んでいる時に、変換速度が遅くなったり、マウスの動作が遅くなったり・・・
メモリのリソース不足が、考えられます。
確認方法

「スタート」「コントロールパネル」「システム」タブ「パフォーマンス」を開きます。

{システムリソース○%空き}が40%以下の時。
原  因

メモリ容量不足、いろんなアプリケーションを開いている、画像等の大きなファイルを作業している等々。
取りあえず対策

編集中のデータを保存して、パソコンを再起動してみて下さい。
本気で対策

システム設定ユーティりティで不要なスタートアップ項目を外す。メモリの容量を増やす。
コンデンサ問題・・・コンデンサの劣化により同様の動作が起こります。

 

入力に反応しない

作業中に、キー、マウス入力が効かなくなる。メモリのリソース不足が、考えられます。
確認方法、原因

「動作がノロノロ」と同じ。
とりあえず対策

この状態では、確認もできませんのでキーボードで次のキーを同時に5秒ほど押して下さい。「Ctrl」「Alt」「Delete」

「プログラムの強制終了」からビージー表示の項目を選択し「終了」ボタンを押します。

ダメな時、ハードディスクのアクセスランプが消えているのを確かめてからパソコンの電源を切断して下さい。自動的に、スキャンディスク(青色画面)をしてWindowsが起動します。
本気で対策

スキャンディスク・デフラグ・Safeモード・システムファイルチェッカー

 

止まる表示がおかしい

作業中に画面が止まりキー、マウス入力が効かなくなったり、Windowsのボタンやダイアログボックスに使われるフォントがおかしな表示になる。
取りあえず対策

「入力に反応しない」と同じ。
本気で対策

スキャンディスク・デフラグ・Safeモード・システムファイルチェッカー

 
詳しいやり方

スキャンディスク・デフラグ

必ずスキャンディスク、デフラグの順で実行して下さい。

デフラグを先にするとハードデスクにエラーがある場合途中でデフラグが止まります。

バックグランドで動作しているプログラムは終了します。終了の仕方は、キーボードで次のキーを同時に押して下さい。「Ctrl」「Alt」「Delete」プログラムの強制終了が表示されます。不用なプログラムを選択、「終了」ボタンをクッリクします。

必要なプログラム・・・Explorer,Systray,Intemat,Irmon(赤外線通信を使用してる時), Atok13mn(使用してる日本語入力システムで異なるます)

スキャンディスク、デフラグとも、「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」の中にあります。スキャンディスクのチェクが「完全」「エラー自動修復」に付いていることを確認して「開始」ボタンをクリックします。

スキャンディスクが完了したらデフラグをします。デフラグをするハードデスクを選択して「OK」ボタンをクリックします。
注意:非常に長時間を必要とします。

 

簡単に環境を整えてくれるソフトがあります。

矢吹 拓也氏の「すっきり!! デフラグ」・・・しかもフリーです。

氏のホームページは、http://www.yoshibaworks.com/ayacy/inasoft/です。是非!お試しを!

 

Safeモード

パソコンを再起動すると、「Starting Windows・・・」若しくは「Windows・・・を起動しています」が表示したら、キーボードで「F8」を押します。

StartupMenuが表示されたら「Safe mode」を選択してキーボードで「Enter」を押します。

しばらくすると「Safe mode・・・」の確認画面が表示されますので「OK」で起動させて下さい。

起動したら、「スタート」からWindowsを終了させます。

 

システムファイルチェッカー

「スタート」「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

名前の箇所に半角で「sfc」と入力し「OK」ボタンをクリックします。

システムファイルチェッカーが起動しますので、「変更のあったファイルをスキャンする」にチェクがあるの確認して「OK」ボタンをクリックします。

破損ファイルがある時は、復元の問い合わせがあるので「復元」を選択して続けて下さい。

終わったら「閉じる」ボタンをクリックし終わらせます。

 

不要なスタートアップ項目

「スタート」「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

名前の箇所に半角で「msconfig」と入力し「OK」ボタンをクリックします。

システム設定ユーティりティが起動しますので、タブで「スタートアップ」を選択します。

スタートアップ時に起動している必要のない項目のチェクを外して「OK」ボタンをクリックします。どれを外していいか判らないときは、取りあえず外してみて問題が無いか確認します。もし、問題がある時は再度チェクを入れればOKです。

 
 
 
関連情報との区切線
PsaotoraTopPc-fuanteiBack