ぱそとら(パソコン我流修理)

 
     
パソコン修理

快適に動作していたパソコンが、動作不安定になった時、お試しを!難しい話ではなく比較的、誰にでもできる方法を掲載したつもりです。

我流修理についても掲載しています。

多分上級者には、参考になりません。

間違い、疑問がありましたらお知らせ下さい。

パソコン修理
  注意:あくまでも個人の責任で、お願いします。 スマホ対応ページ
PsaotoraTopUSB-PinBack

増設USB2.0基板を改造してカードリーダーを使う

パソコンの部品が随分と余ってきたので、古いケースに組み立てて予備としてフリーソフトの検証用にすることにしました。

マザーも随分と古いK7VZA(Athlon 1Ghz)ですが、メモリも512Mありますので、そこそこは動作します。ここで困ったのが、内蔵用USB2.0対応メモリーカードリーダーCR-i500が、このマザーボードではボード上に接続できなく、また、増設したにPCI USB2.0基板は通常のUSBコネクタしかありませんでした。

そこで、基板を改造してCR-i500を使用できるようにした記録です。

道  具

壊れたハードディスクの基板、半田ごて、半田、先曲がりラジオペンチ(100円ショップで購入可)、カッターナイフ

 

やってみよう!

USB2.0_PCI カードリーダー側コネクタ 壊れたハードディスクの基板

PCI接続のUSB2.0用基板には、中側にも接続コネクタがありました。

CR-i500のマザーボードへの接続コネクタです。これでは接続できませんが、よくよく刻印を見ると、VCC,D0-,D0+,GNDとあります。これは左写真のコネクタと同じ情報です。

壊れたハードディスクの基板です。ここからピンの部分を取り出し利用します。

     
部品を外したところ PINを付けたところ カードリーダからのコネクタ接続

半田ごてとラジオペンチを使い部品を外しました。ピン端子はカッターナイフで切断、加工をします。

ピン端子は、収まりが悪かったので、さらに二分割し写真のように収め、半田付けをして固定しました。

差込位置を間違わないように差し込みます。1番最初の写真のコネクタならば、上の写真の順番です。

     
接続完了 カードリーダ

認識させる順番についてですが、先に増設USB2.0(PCI基板)をマザーに接続して認識をします。

その後、一旦、電源を切り、CR-i500のコードを増設したUSB2.0(PCI基板)に接続して電源を投入して認識をさせます。

なお、WindowsXPでは、全て自動で認識しました。

USBの接続は二系統必要なので、写真のように外向きのコネクタをさらに1箇所、改造しました。

3.5インチベイに収まったCR-i500です。

     
 
 
関連情報との区切線
PsaotoraTopUSB-PinBack