ぱそとら(パソコン我流修理)

 
     
パソコン修理

快適に動作していたパソコンが、動作不安定になった時、お試しを!難しい話ではなく比較的、誰にでもできる方法を掲載したつもりです。

我流修理についても掲載しています。

多分上級者には、参考になりません。

間違い、疑問がありましたらお知らせ下さい。

パソコン修理
  注意:あくまでも個人の責任で、お願いします。 スマホ対応ページ
PsaotoraTopPUPPY LINUX導入Google chromeBack

PUPPY LINUX Google chrome

必要なソフトがほぼ揃っているPUPPY LINUXですが、使い慣れたアプリケーションの導入、カスタマイズなどをした覚書です。

   

Google chromeインストール

初期状態でインターネット用ブラウザとしてSeaMonkeyが利用できますが、使い慣れたchromeを導入しました。

SeaMonkeyでGoogleの検索ページにアクセスすると右上に表示されるchromeダウンロードページにアクセスし、「32 bit .deb (Debian/Ubuntu版)」をダウンロードします。

私の場合は、root/my-applicationsにChromeフォルダを作成しダウンロードしました。

ダウンロードしたファイルをクリックします。

クリックしても何も表示されない状態が続きますが、待ちます。

   

Puppy Package Managerが起動しますので、「OK」をクリックします。

   

インストールが完了すると、左図が表示されます。

   

動作するか確認します。

「メニュー」→「インターネット」→「Google Chrome web browser」をクリックするとChromeが起動するので、インターネットに接続されていることを確認します。

   

ブラウザアイコン起動に変更

このままだと、起動するのに面倒なのでデスクトップにある「ブラウザ」アイコン(地球のマーク)をクリックしたときに起動するようにします。

   

テキストエディタでリンク先を変更します。

ディスクトップ左上からrootを開き、赤丸の目玉アイコンをクリックし隠しファイルを表示します。

   

赤丸.usrフォルダ→localフォルダ→binフォルダと開いていきます。

   

defaultbrowserをテキストエディタで開きます。

ファイルを右クリック、表示されるメニューから「テキストとして開く」をクリックします。

   

2行目

exec mozstart "$@"をexec google-chrome "$@"に書き換えます。

   

書き換えが終わったら上書き保存して完了です。

   

デスクトップにある「ブラウザ」アイコン(地球のマーク)をクリックし起動することを確認します。

 
 
 
関連情報との区切線
PsaotoraTopPUPPY LINUX導入Google chromeBack