マイホームのヒント

マイホームのヒント

マイホームのヒント
 
マイホームのヒント<インターホン<Back
スマホ対応ページ

カメラ付きインターホン左右傾斜台取付方法

防犯目的からもお勧めなのがカメラ付インターホンです。

最初から設置されている場合は、写すエリアも考慮され取り付けられている筈ですが、後から交換するとインターホン子機(外側)の取付位置によっては、折角のカメラも肝心の顔の部分が調整してもしっかりと写らない・・・いろいろ調べると、取付台の傾きを補正する品物がありました。

我が家では、 「左右傾斜台」を利用して、この問題を解決しましたので、入手方法と取付の情報を掲載しました。

 

購入方法

カメラ付きインターホンのメーカーを確認します。(我が家は、アイホンでした)

電気店、ホームセンター等、探しましたが販売している店舗は有りませんでした。

私は、インターネットで購入しました。

 

左右傾斜台

私のメーカーでは、15度タイプと30度タイプの2種類がありました。

他のメーカーでは、30度傾斜タイプしかないメーカーもあり需要が多い30度タイプを購入しました。

宅急便で送られてきた製品を見ると、どのメーカーのインターホーンでも取付できる構造なのでは?

 

取り付け方法

取付はプラスのドライバーと、マイナスのドライバーがあれば簡単に終わります。

  1. 親機(屋内)の電源を切ります。○子機(屋外)を壁面から外します。我が家の子機は、下側に取付ネジを隠すカバー(写真)がありました。これをマイナスドライバーでスライドさせ中のプラスネジを外します。子機の下側を手前下に引っ張ると子機が外れます。
  2. 子機裏側の配線をプラスドライバーで外します。
  3. 壁面の残された取付台を外します。
  4. 左右傾斜台を、壁面に既設ネジで固定します。(写真)
  5. 先程壁面から外した取付台を左右傾斜台に付属のネジで固定します。(写真)
  6. 子機に先程外した線を接続します。
  7. 取付台に子機を固定し、目隠しカバーを元に戻します。
  8. 親機の電源を入れ、動作確認すれば完了です。
  ドアホーン左右傾斜台 既設ドアホーン状況
ドアホーン取り外し
  購入した左右傾斜台 現状設置状況
隠しカバーの位置
  ドアホーン取り外し ドアホーン左右傾斜台取り付け ドアホーン左右傾斜台取り付け
  子機本体取り外し状況 左右傾斜台取り付け1 左右傾斜台取り付け2
  ドアホーン左右傾斜台取り付け ドアホーン左右傾斜台取り付け  
  既設取り付け台を左右傾斜台に設置 子機本体取り付け状況  
 
 
 
マイホームのヒント<インターホン<Back