☆ちょっとキャンプへ☆キャンプ情報満載

我が家のダッチ・オーブン

そもそも、キャンプは簡単料理、パッパッとやっておいしく食べる。

料理に時間を掛けるのは「いゃ!」これ以上、荷物が増えるのも「いゃ!」で・・・やってきた、我が家のキャンプ料理が・・・転機か?

あちら、こちらのキャンプ関連のホームページを渡り歩いて覗かせて貰っていると・・・DOを使った料理のレシピー、使い方、涎が落ちそうな写真・・・でもね・・・あんな重たい道具、金額も高いし、直火禁止のキャンプ場では別に、何とかいう道具がいるらしい・・・しかも、DO本体より金額が高い!、手間かかるし、時間かかるし・・・ブツブツブツ・・・でも、何でもやりたい私は、興味深々でDOのサイトを・・・そんな折も、折、運良く(運悪く)某アウトドアショップの売り出しで、DOが安い~流石に品数が少なく、純粋DO(私の場合、重たい方)は、10インチ物だけ・・・見るからに小さい、我が家は5人家族・・・12インチがほしい~と見ていると、何々12インチ・アルミ・軽い、しかも安い!大丈夫なのか?持ってみると、純粋DOより遙かに軽い!作りは、しっかりしている。

確か・・・重さが大事とかというHPを読んだ記憶も・・・でも、安い・・・この重さなら、わざわざ専用スタンドを買わなくても、BQコンロで代用できそうぉ~それに、車のホィールだって、スチールよりアルミのほうが・・・ブツブツと理由を付けて、ついに買ってしまいました。

買ったダッチ・オーブン

アルミダッチオーブン

製品名:アルミダッチオーブン

メーカー:SOUTH FIELD

サイズ:12インチ

重量:3kg

購入価格:約4,000円

ダッチ・オーブン最初の準備

アルミダッチオーブン

という程では、ないのですが・・・これも某HPで拝見したのですが、購入すると純粋DOは、まず錆止め塗布してある油を除去する作業が必要だそうです。

で、アルミDOは、錆びないから必要ないのかと思ったら添付、取扱説明書を読むと「食器用洗剤で、よく洗って・・・」とありました。

早速、タップリの洗剤で、あわぶくで洗い、さらに、念のため水を沸かしました。

アルミダッチオーブン

ここで、また思い出したのは、某HPで熱くなった蓋を取るのに、ペグを使った道具を照会されていました。

おいらも作ることにして、ひん曲がったペグを探していると、テントを買った時付属している貧弱ハンマーを発見! こりゃヒョットして、使えるぞ!

で、蓋に合うように、不要な部分を金のこで除去したり、広げたりして作ったのが写真の道具です。

持ち手には、紐を巻き付けてあります。

▲ページトップに戻る